株式の設定

ここでは、株式譲渡制限規定と発行可能株式総数についてそれぞれご説明いたします。
いずれも必ず記載しなければいけない事項ではありませんが、検討しておきたい事項です。
以下をご覧ください。

株式譲渡制限規定

株式は原則として、自由に売買(譲渡)できます。
そのため、会社にとって望ましくない人が購入し株主となったり、場合によっては株式を買い占められて会社をのっとられてしまったりする危険もあります
そこで、そのような事態を防ぐために、定款に「株式譲渡制限規定」を記載しておくことが有効です。
「株式譲渡制限規定」を設けると、株式を譲渡する際に、会社の承認を得なければならないため、株主が勝手に売買することを禁止することができますので、是非設定下さい。

株価の設定

株式を発行するためには、1株の発行価額を決めなければなりませんが、発行価額に特に定めはありませんので、自由に設定できます
ですから、資本金が100万円なら、1株1万円に設定すれば、発行株式数は100株になりますし、1株5万円に設定すれば、発行株式数は20株になりますので、資本金との兼ね合いで設定することになります。

発行可能株式数

会社が発行できる株式の数には、上限があり、これを「発行可能株式総数」といいます。
株式譲渡制限規定のある会社の場合は、発行可能株式数を自由に定めることができますが、株式譲渡制限規定のない会社の場合は、設立時に発行する株式の4倍以内までしか発行してはいけないという決まりがあります。
では、株式譲渡制限規定のある会社を設立した場合の発行可能株式数をいくつに設定すれば良いかということですが、前述の「1株価額」の設定とも関係しますが、資本金を最大いくらにしたいかを決めて、そこから逆算すると良いでしょう。
例えば、最大1億円にしたい場合、設定した株価が5万円であれば2,000株となりますし、株価が1万円であれば10,000株となります。

定款記載事項の詳細はこちら

sikaku0001.jpg 目的の決め方について sikaku0001.jpg 本店所在地について sikaku0001.jpg 資本金の設定方法
sikaku0001.jpg 商号について sikaku0001.jpg 公告について sikaku0001.jpg 取締役の設定について
sikaku0001.jpg 株式の設定について sikaku0001.jpg TOPに戻る sikaku0001.jpg 定款作成に戻る

 

会社設立・決算申告・会計データ入力のご相談は0120-10-6669 mail-form-button.gif
スマホページ 会社設立料金プラン決算申告料金プラン会計データ入力料金プラン無料相談はこちら
大阪事務所 京都事務所

訪問可能エリア

※顧問契約・税務調査立会等
大阪府:全域
京都府:京都市、向日市、長岡京市、亀岡市、久世郡、八幡市、宇治市、城陽市、京田辺市
兵庫県:神戸市、西宮市、尼崎市、芦屋市、川西市、宝塚市、伊丹市、明石市、加古川市、姫路市
奈良県:奈良市、天理市、生駒市、桜井市
滋賀県:大津市、草津市、守山市、野洲市、近江八幡市など
上記のエリア以外でも訪問可能ですのでご気軽にご相談ください