定款認証


定款の認証

定款を作成したら、公証人役場で定款の認証を受けます。定款は公証人の認証を受けて初めて法的な効力を持つことができます。認証手続きは設立しようとする会社の本店所在地と同一の都道府県なら、どこの公証人役場でも行なうことができます。
尚、定款の認証を受けるには、以下の4点が必要となります。
定款認証を受ける際に持参するもの
1.定款 3通
2.発起人全員の印鑑証明書(各1通)
3.発起人の実印(代理人に委任する場合は代理人の実印も必要)

定款の認証に必要な費用(定款の印紙4万円・公証人認証手数料5万円)

電子定款認証とは

定款認証は電子文書で行うこともできますが、この電子で行う手続きを電子定款認証と言います。定款を書面で作成した場合には4万円の収入印紙代が必要となりますが、電子定款認証の場合には印紙代4万円は必要ありません。
したがって、電子定款認証を選択すると4万円の節約ができるのです。
当事務所では電子定款認証で行いますので、印紙代4万円は不要です。

電子定款認証はどうすればできるのか?

電子定款認証を行うためには、Adobe Acrobat等のPDF化ソフト、電子証明書、ICカードリーダー等のハード面の準備が必要です。ハード面での準備の他、Javaや法務省オンライン申請システムの設定等、ソフト面での準備も必要になります。またハードを揃えたとしても、何度も使うようなものではないので、ご自身で行おうとすると費用も手間もかかってしまうのが実際のところです。

当事務所では、電子定款認証に対応しておりますので、書類作成なども含めご相談ください。

 

会社設立関連ページ

sikaku0001.jpg 会社の種類 sikaku0001.jpg 株式会社と合同会社 sikaku0001.jpg 会社設立の流れ
sikaku0001.jpg 定款作成 sikaku0001.jpg 定款の認証 sikaku0001.jpg 創業時に使える融資
sikaku0001.jpg 設立後に必要な届出 sikaku0001.jpg 法人にかかる税金 sikaku0001.jpg 会社設立料金表

 

会社設立・決算申告・会計データ入力のご相談は0120-10-6669 mail-form-button.gif
スマホページ 会社設立料金プラン決算申告料金プラン会計データ入力料金プラン無料相談はこちら
大阪事務所 京都事務所

訪問可能エリア

※顧問契約・税務調査立会等
大阪府:全域
京都府:京都市、向日市、長岡京市、亀岡市、久世郡、八幡市、宇治市、城陽市、京田辺市
兵庫県:神戸市、西宮市、尼崎市、芦屋市、川西市、宝塚市、伊丹市、明石市、加古川市、姫路市
奈良県:奈良市、天理市、生駒市、桜井市
滋賀県:大津市、草津市、守山市、野洲市、近江八幡市など
上記のエリア以外でも訪問可能ですのでご気軽にご相談ください