会社設立後に必要な届出

会社を設立したら関係官公庁に税金関係や社会保険関係の届け出が必要となります。
そこで、どのような届出を、どこに対して、いつまでに出したら良いのか、提出先ごとに、下の表にまとめましたのでご確認下さい。

税務署や市町村役場へ法人設立関連の届出をする

会社を設立したら、決められた書類を税務署に提出します。
書類の名前 提出期間
法人設立届出書 設立登記日の2ヶ月以内
青色申告の承認申請書 設立から3ヶ月を経過した日か、最初の事業年度終了日のいずれか早い日
給与支払事務所などの開設・移転・廃止届出書 給与支払開始から1ヶ月以内
源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書兼納期の特例適用者に関わる納期限の特例に関する届出書 定め無し
減価償却資産の償却方法の届出書 第一期の確定申告書の提出期限
棚卸資産の評価方法の届出書 第一期の確定申告書の提出期限
※特に、青色申告の承認申請書は期限までに書類を提出しないと特典を受けられないなど、不利益が生じるため、忘れないように提出をしましょう。

社会保険に加入する。

  1. 病気や怪我をしたときの医療保険である「健康保険」と老後の年金制度である「厚生年金」をまとめて「社会保険」といいます。
  2. 法人であれば、加入が強制されます。
  3. 社会保険に加入する場合は、年金事務所に「健康保険厚生年金保険新規適用書」などの必要書類の届け出が必要です。

労災保険に加入する

  1. 従業員を雇ったら労災保険に加入します。
  2. 労災保険は、労働基準監督署に届け出ます。
  3. 会社設立後、新規加入する場合は、「労働保険関係成立届」と「労働保険概算保険料申告書」を最初に従業員を雇った10日以内に労働基準監督署に提出しなければなりません。
  4. パートやアルバイトなどの従業員も労災保険の対象になります。

公共職業安定所で雇用保険に加入する

  1. 労災保険に加入した後にハローワークに行き、会社設立後、新規加入する場合は、「雇用保険適用事業所設置届」と「雇用保険被保険者資格取得届」を添付書類を提出し、手続きを行います。
  2. 週20時間未満の労働の人、4ヶ月以内の期間の人、昼間の学生、臨時内職的に雇用される人は、原則として雇用保険の対象にはなりません。
  3. (エ) 雇用保険の保険料は会社と従業員が一定の比率で負担します。ただし、4月1日現在で64歳以上の労働者については、保険料が免除されます。
ご自分で調べることも大事ですが、当事務所に相談いただければ、申請に漏れがなく安心です。

 

会社設立関連ページ

sikaku0001.jpg 会社の種類 sikaku0001.jpg 株式会社と合同会社 sikaku0001.jpg 会社設立の流れ
sikaku0001.jpg 定款作成 sikaku0001.jpg 定款の認証 sikaku0001.jpg 創業時に使える融資
sikaku0001.jpg 設立後に必要な届出 sikaku0001.jpg 法人にかかる税金 sikaku0001.jpg 会社設立料金表

 

会社設立・決算申告・会計データ入力のご相談は0120-10-6669 mail-form-button.gif
スマホページ 会社設立料金プラン決算申告料金プラン会計データ入力料金プラン無料相談はこちら
大阪事務所 京都事務所

訪問可能エリア

※顧問契約・税務調査立会等
大阪府:全域
京都府:京都市、向日市、長岡京市、亀岡市、久世郡、八幡市、宇治市、城陽市、京田辺市
兵庫県:神戸市、西宮市、尼崎市、芦屋市、川西市、宝塚市、伊丹市、明石市、加古川市、姫路市
奈良県:奈良市、天理市、生駒市、桜井市
滋賀県:大津市、草津市、守山市、野洲市、近江八幡市など
上記のエリア以外でも訪問可能ですのでご気軽にご相談ください