大阪・京都法人設立法人税申告センターの法人設立料金

aimitumori.PNGのサムネイル画像

大阪・京都法人設立法人税申告センターの法人設立サービスには、
1.会社設立のみ39,800円コース
2.設立手数料が0円になる会計サポートもしくは記帳代行サポートがセットのコース

の2つのコースがあります。


ryokinhyo4 .gif

どちらのコースを選んでも、電子定款認証で行いますので、印紙代40,000円が節約でき、自分で手続きするよりも安く設立することが可能です。

会社設立手数料39,800円コース

こちらは、会社設立手続きのみ、当事務所に依頼したい方のためのコースです。
1.とにかく安く会社設立をしたい方
2.会計データ入力はご自分でされるという方
3.いずれは依頼するが、今はまだ要らないという方

はこちらをご利用下さい。

手数料39,800円をお支払いいただいても、自分で設立するよりもお安く設立できますので、安心してお任せ下さい。
※設立登記につきましては、ご自身で法務局に提出をお願いいたします。


会社設立手数料0コース

会社をつくって事業を始めると、毎日の取引を「帳簿につける」という作業が発生します。
これは、
1.感覚に頼った経営ではなく、会社の経営状態を正しく把握するため
2.会社は、すべての取引を明瞭に記録しなければならないというきまりがあるため

という理由で必要です。


そこで、大阪・京都法人設立・法人税申告センターでは、会計サポート(15,000円/月~)もしくは記帳代行サポートをご契約いただいたお客様には、手数料0円にて会社設立を代行いたしております。

記帳が必要な帳簿の種類

現金出納帳・・・現金での入金と出金を記録したもの
普通預金出納帳・・・普通預金による取引の流れを記録したもの。通帳コピーでもOK。
売掛帳・・・掛けで販売した場合やその代金の入金があった場合に記入するもの
買掛帳・・・掛けで仕入れた場合やその代金の支払があった場合に記入するもの
賃金台帳・・・従業員の給料の計算をする帳簿です
固定資産台帳・・・資産ごとに減価償却費の計算をする帳簿です
総勘定元帳・・・上記のすべての取引を「勘定科目」ごとに分類する帳簿です。

実際には、「帳簿」ではなく、コンピュータを使って「会計ソフト」に入力するのが一般的ですが、 会計事務所等に依頼しない限りは、ご自分もしくは従業員の方が入力する必要があり、設立直後の売上を作らねばならない時期に、こうした間接業務に時間を費やすことは得策ではありません。

 
seturitu_plan.gif

 

会社設立・決算申告・会計データ入力のご相談は0120-10-6669 mail-form-button.gif
スマホページ 会社設立料金プラン決算申告料金プラン会計データ入力料金プラン無料相談はこちら
大阪事務所 京都事務所

訪問可能エリア

※顧問契約・税務調査立会等
大阪府:全域
京都府:京都市、向日市、長岡京市、亀岡市、久世郡、八幡市、宇治市、城陽市、京田辺市
兵庫県:神戸市、西宮市、尼崎市、芦屋市、川西市、宝塚市、伊丹市、明石市、加古川市、姫路市
奈良県:奈良市、天理市、生駒市、桜井市
滋賀県:大津市、草津市、守山市、野洲市、近江八幡市など
上記のエリア以外でも訪問可能ですのでご気軽にご相談ください